本体価格138万円〜人気が高まるトレーラーハウス

Pocket

広告

近年タイニーハウスとともに注目を集めているのがトレーラーハウスです。

トレーラーハウスはその名の通り、もともと自動車で運ぶことを想定して作られた居住スペースであり、事実上居住が可能な建築物でありながら、法律上は大型のキャンピングカーと同様「車両」として扱われます。

そのため、次のようなメリットがあります。

1、固定資産税がかからない

2、市街化調整区域を含む様々な場所に設置できる

3、価格が安い

トレーラーハウスが人気なのはこうしたメリットからですが、なかでも注目されているのが業務用としての使われ方です。

カフェなどの飲食店をはじめ、美容院やフラワーショップ、さらには宿泊施設にも使われ始めているようです。

 

広告

 

気になるお値段ですが、たとえば名古屋にあるトレーラーハウス販売会社「ルクラ」が提供するこの事務所タイプのトレーラーハウス(LJ11)は本体価格390万円とかなりお手頃。しかも中古トレーラーなら138万円のものもあるそうですから、これならイニシャルコストを抑えて賢く開業できそうですね。

 

  

店舗用物件をお探しの方はこのトレーラーハウスも検討されてみてはいかがでしょうか?

ルクラ公式サイト→

広告
スポンサー
スポンサー
スミカ ツイッターでも物件情報をつぶやいてます