安くなった田舎物件。じつはもっと値切れるぞ!

このところの田舎物件の値崩れぶりには驚くばかりだ。わずか数百万円で庭付きの一戸建てが手に入るというのだから、買い手からすればうれしいかぎりだろう。たしかに十分安くなったように見える田舎物件だが、しかしそこにはまだまだ値切れる余地があるのをご存知だろうか。

なぜ値切れるのか? 一言でいってしまえばそれが負の資産になってしまっているからだ。建物を所有するには維持費がかかる。劣化にともなう修繕費はもちろん、固定資産税もかかる。別荘やマンションであれば管理費もかかってくる。しかもこのご時世、資産価値の値上がりなどもはや望むべくもない。残るのは経年劣化と維持費にかかる支出だけである。そのため多くの所有者は一刻も早く手離したがっているのが実情だ。

おそらくなかにはただでもいいから引き取ってほしいと思っている所有者も少なくないだろう。あるいは購入謝礼金などなんらかのノシを付けてもいいとさえ思っている人もいるかもしれない。なにせ手離さないかぎり、持ち出しが永遠に続くのだから‥。

しかし、それだったら売り出し価格を「ゼロ円」にすればよいのではと思う人もいるかもしれない。だが、そこにはそうできない別の事情もある。それは不動産業者側の事情だ。ご存知のように不動産業者は仲介料で利益を得ている。そして仲介料は基本的に売買価格に連動するよう法律で定められている。そのためゼロ円では不動産業者の利益もゼロ円になってしまうのだ。これでは商売にならない。そこで売り主はゼロ円でもいいと思っているにも関わらず、不動産業者は100万円とか200万円とか、それなりに儲けが出るような価格をつけざるをえないのだ。

しかし今みてきたように売り主の方は、ただでもいいから引き取ってほしいというのが本音である。これはつまり価格交渉の余地があるということである。

購入の際には、だめ元で値下げ交渉をしてみてはいかがだろうか。

 

全国の500万円以下の別荘・田舎物件をまとめてご紹介→スミカ

 

追記

だったら不動産業者を入れなきゃいいのでは、ということでこんなサービスが始まったようです。

家いちば→

売り手と買い手が直接出会う掲示板です。不動産業者の「中抜き」というのでしょうか、ネット上では日々新しいサービスが生まれていますね。

  1. 長野県長野市 山懐の4DK 納屋付 250万円

  2. 長野県長野市 山里に佇む古民家風住宅 畑付 300万円

  3. 沖縄県糸満市 中古住宅 3DK 1150万円

  4. 沖縄県名護市で田舎暮らし 琉球古民家 4K 1700万円

  5. 沖縄県八重山郡 海が見えるコテージ 2LDK 1950万円

  6. 沖縄県名護市 海のそば!沖縄民家 3DK 1975万円

  7. 沖縄県名護市の田舎物件 3LDK 1998万円

  8. 沖縄県名護市 生活至便な中古住宅 4DK 要リフォーム 1000万円

  9. 沖縄県今帰仁村丘の上の小さなロッジ1850万円

  10. 福井県勝山市 元庄屋屋敷の古民家 10LDKS 1680万円

カテゴリー