本体価格138万円〜人気が高まるトレーラーハウス

トレーラーハウスというのをご存知でしょうか?

トレーラーというのはいうまでもなく引っ張るという意味の英語、トレイルの変化形。つまり、トレーラーハウスというのはそのものずばり、車で引っ張ることのできる移動式住宅をさします。

このトレーラーハウス、その最大のメリットは、いうまでもなく移動しながら生活できるというそのコンセプトにあるわけですが、じつはそれ以外にもさまざまなメリットがあります。

というのも、このトレーラーハウス、法律上は大型のキャンピングカーと同様「車両」として扱われるため通常の住宅にはない次のようなメリットがあるのです。

1、固定資産税がかからない

2、市街化調整区域を含む様々な場所に設置できる

3、価格が安い

移動式住居という斬新なコンセプトに加え、こうした現実的なメリットもあるせいか、近年日本でも注目されてきているこのトレーラーハウス‥。とはいうものの日本の場合、国土が狭いせいなのか、はたまた保守的な気質のせいなのかはわかりませんが、純然たる住宅用として購入する人はまだそれほど多くないようです。

その代わりというべきか、最近聞こえてくるのは業務用として注目を集めているという話です。メーカーによると、カフェなどの飲食店から美容院、フラワーショップ、さらには宿泊施設などですでに多くの引き合いがきているとのことです。

 

気になるお値段ですが、たとえば名古屋にあるトレーラーハウス販売会社「ルクラ」が提供する事務所タイプのトレーラーハウス(LJ11)は本体価格390万円とかなりお手頃。しかも中古トレーラーなら138万円のものもあるそうですから、これならイニシャルコストを抑えて賢く開業できそうですね。

 

店舗用物件をお探しの方はこのトレーラーハウスも検討されてみてはいかがでしょうか?

ルクラ公式サイト→

スミカ ツイッターでも物件情報をつぶやいてます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする