本体価格138万円〜人気が高まるトレーラーハウス

近年タイニーハウスとともに注目を集めているのがトレーラーハウスです。

トレーラーというのは、いうまでもなく引っ張るという意味の英語のトレイルのことであり、トレーラーハウスといえば、そのものずばり、車で引っ張ることのできる移動式住宅を意味します。

このトレーラーハウス、事実上居住が可能な建築物でありながら、法律上は大型のキャンピングカーと同様「車両」として扱われますので、次のようなメリットがあります。

1、固定資産税がかからない

2、市街化調整区域を含む様々な場所に設置できる

3、価格が安い

トレーラーハウスが人気なのはこうしたメリットからですが、なかでも注目されているのが業務用としての使われ方です。

カフェなどの飲食店をはじめ、美容院やフラワーショップ、さらには宿泊施設にも使われ始めているようです。

 

 

気になるお値段ですが、たとえば名古屋にあるトレーラーハウス販売会社「ルクラ」が提供するこの事務所タイプのトレーラーハウス(LJ11)は本体価格390万円とかなりお手頃。しかも中古トレーラーなら138万円のものもあるそうですから、これならイニシャルコストを抑えて賢く開業できそうですね。

 

  

店舗用物件をお探しの方はこのトレーラーハウスも検討されてみてはいかがでしょうか?

ルクラ公式サイト→

 

 

関連記事

  1. 長野県佐久市は、移住+リモートワークで15万円!さらに空き家バンクもマッチング力が増強と、移住施策をパワーアップ!

  2. ミニログハウスで手っ取り早く夢のナチュラルライフを!

  3. 「小さいほど、豊かだ。」日本生まれのタイニーハウス 300万円〜

  4. 山奥の限界集落で暮らすニート 集団引きこもり ドキュメンタリー(動画紹介)

  5. ついにここまで来た!1100万円以下で建てられる3Dプリンタ住宅

  6. 建築費用は2万5000円!? 英国人ファーマーが手作りしたコブハウスが素敵すぎる